任意売却後に残債(ローンが残る)ができてしまった。

家を処分する決断さえできれば、任意売却はたいへん有効な方法です。住宅ローンという大きくて重い荷物を肩から降ろせるのですから。ただし、ひとつだけ注意しておかねばならないことがあります。それは不動産の売却後に残債ができた(ローンが残ってしまった)場合のことです。

任意売却はおおむね相場に近い価格で不動産が売却できます。しかし、相場に近い価格で売れたからといって、残債が一掃できるとは限りません。

バブル崩壊以降、土地の値段は高度成長期のような右肩上がりには推移していません。ゆるやかに上昇したり下降したり、横ばいで推移しています。こういう時代は住宅ローンの清算にもリスクが伴います。

残債を帳消しにしてもらう交渉は可能

残債が残った場合は、債権者(金融機関や債権回収会社)と返済について交渉します。ここで債務者が「任意売却を済ませたのだから、残債については帳消しにしてほしい」と主張するのは自由です。しかし、残念ながら主張が通ることはまずありません。厳しい債権者であれば「残額もすべて返済してもらう」という立場を取るでしょう。そこから交渉がはじまります。

任意売却をする債務者には、実際のところほとんど資産がありません。生活を維持する収入さえない場合も多いのです。そうなると債権者の回収手段も限定的にならざるを得ません。給与や預金の差し押さえが考えられますが、それも「あれば」の話になります。

そこで債権者は、債権放棄するより損失の少ない現実的な方法を選択することになります。すなわち「債務者が可能な範囲で返済する」という結論に至るのです。この交渉をまとめることが、生活再建の第一歩になります。

交渉には専門家のサポートが不可欠

しかし、このような交渉は法律や不動産の素人には荷が重すぎます。誰でも自ら交渉などしたくないし、どう交渉すればよいかも分からないはず。そんなとき、心強い味方になってくれるのが任意売却専門業者の存在です。信頼できる専門家のサポートは必要不可欠といえるでしょう。

任意売却119番
→ 住宅ローンでお悩みの方へ、今すぐ電話相談、面談相談をお受けします